社員旅行 その2

・・・前回のつづき

 

 

ハウステンボスを後にし、バスで長崎市内へと向かいます。

 

途中、車窓からは針尾送信所の3本の無線塔が見えました。

 

このコンクリート製の無線塔は130m以上もあるそうです。

大正時代に建造され、あの「ニイタカヤマノボレ1208」の暗号文の中継にも関わっていたとかいないとか・・・・。

 

それにしてもこんなに大きな無線塔 どうやって造ったのでしょうね。

ぜひとも近くでじっくりと見学したいものです。

 

 

さて、つづいてやって来たのは「出島」。

決して広くはない施設ですが、復元された建築物のほか、展示物も多くなかなか見ごたえがありました。

 

 

 

鎖国時代のオランダ商館員の部屋などが再現されています。

 

 

 

ジオラマもありました。

 

 

 

 

 

壁紙がおしゃれですね。「唐紙」と言うそうです。

 

 

 

この照明もいいなあ・・・(^^)

 

 

こちらは復元された蔵。

建築屋がこういう場所に来ると、決まって木組みの話題になります。(建築屋あるある)

 

 

 

続きはまた後日・・・・。

 

 

 

 

 

 

Staff N | comments(0) | -

この記事へのコメント










<< 社員旅行 その1 | home | 社員旅行 その3 >>

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

リンク

管理者向けメニュー
RSS1.0
Atom0.3